ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

成功事例

修繕工事の
必要性の提案
売上・利益UP

有馬久喜 株式会社ユーミーClass
常務取締役(神奈川県)

修繕工事の必要性の提案

建物の傷みは経年と共に大きくなります。建物・設備の傷みに対応する為には、定期的な「手入れ」が不可欠です。建築後、6年目頃から鉄部塗装などの修繕が見込まれ、10年目前後に外壁などの大規模修繕が必要とされます。


見た目での安易な判断、資金不足などの理由により、安易に修繕工事を先送りすると、逆に復旧する為により大きな出費が必要となる場合もございます。


劣化は経年と共に徐々に進行しますので適切な時期に適切な処置を行う事が最も経済的で建物運用・建物維持の為に重要であると弊社は考えております。

 

この続きは「プレジデントNAVI」Vol.80をご覧ください。