全国賃貸管理ビジネス協会

  • 全国ネットワーク
  • 会員数 全国約1,700社
  • 管理物件数 約350万戸
お問い合わせ 03-3272-7755 平日AM9:00~PM6:00

成功事例

査定CLOUDを活用し
家賃査定を瞬時に計算
売上・利益UP

大山芳弘 ApamanProperty株式会社
PM事業本部 本部長(東京都)

査定CLOUDを活用することで適正な家賃査定を瞬時に出すことができます

査定CLOUDは、膨大な物件成約データを基に、AIが家賃を算出していますので、流通している物件の家賃とほぼ同じとなります。このシステムの凄いところは、条件面の家賃補正ができるところです。物件の成約データが基になるのですが、その際に、平米数、方角、設備、駅までの徒歩分数などを、プラスマイナスで査定し、基本家賃に上乗せしたり、逆に減額したりする機能があることです。人間が査定する場合でも、査定物件が駅から徒歩15分以上なら、家賃を少し下げるとか、南向きだから少し上げるといった作業を行いますが、これをコンピューターが瞬時に行ってくれるのです。 また、礼金をゼロにした場合の家賃設定、礼金を1ヶ月にした場合の家賃設定なども、出てきますので、オーナー様の希望に添って調整することができます。


導入前に、弊社の担当者が細かく条件面を調整して査定した、全国の多数の物件の家賃と比較したことがありましたが、ほぼ同じ家賃査定だったので驚きました。具体的には、オーナー様より、新規で管理の依頼を受ける際に、適正な家賃かどうかを確認して、プラスマイナスがあれば、その理由をご説明しております。コンピューターの査定なので、納得していただけますね。月に、200〜300物件の家賃査定を行っております。


先日、タワーマンションの一室の家賃査定の依頼を受けたのですが、タワーマンションの場合、階数や方角などが重要なので、人間が調査する場合、似た物件と比較するのですが、これがかなり難しいのです。同じマンション内に、20万くらいから、100万円くらいまで幅がありますので、平均値も取れません。それが、この査定CLOUDを使うと瞬時に家賃査定され、その金額で成約しています。27万〜30万のような幅は無く、1種類の数字だけが出ますので驚きました。今まで担当者が家賃査定を行う場合は、その場で瞬時に分かるということは不可能でした。このスピード感は査定CLOUDならではだと思います。皆様も是非、活用されてはいかがでしょうか。


続きは、プレジデントNAVI  Vol.54をご覧ください。