全国賃貸管理ビジネス協会

  • 全国ネットワーク
  • 会員数 全国約1,700社
  • 管理物件数 約350万戸
  • (2016年11月30日現在)
お問い合わせ 03-3272-7755 平日AM9:00~PM6:00

成功事例

経営理念の作成で
社員の意識を向上
売上・利益UP

和田英知 株式会社高知ハウス
代表取締役(高知県)

全管協の方々からノウハウを学び 転換期を境に売上や管理戸数を伸ばす事ができました。

当社は創業20年目を迎えました。そもそもは、現在の会長が早期退職し、地元で起業したのが始まりです。この時に、大きな影響を受けたのが全管協などの先駆者の方々との出会いでした。なかでも、管理業に関する書籍を探していて巡り合ったのが、東京のハウジング恒産様の本です。現在の会長が、これを読んでハウジング恒産様を訪問し、管理業のノウハウを教えて頂いたのです。その後、設立5年目の平成13年に当社も全管協に入会しました。


私が社長に就任したのは、平成22年になります。翌年には、会社の向かうべき方向性を明確にしたいと考え、社員に決意表明を書いてもらい一緒に経営理念を作成しました。理由は、社員から仕事に対する熱意が見えなかったからです。インセンティブがつかないと営業しない、管理営業と仲介営業が対立、会議での発言は愚痴ばかりなど、とにかく士気が下がっていました。そこで、創業家の「家業」ではなく、社員みんなの「企業」にしたいと考えたのです。その結果、方針が合わないと感じた社員は離職していきました。一時的に管理戸数は減少し、売上高も下がりましたが、これが第2の創業ともいえる当社の転換期となったのです。


1年間かけて作成した経営理念は「お客様・地域社会・働く仲間の『ライフサークル(幸せの環)』の創造」です。これは、お客様だけでなく、一緒に働いている仲間や、その家族の幸せも目指していくということです。そして、同じタイミングで、全店舗のリニューアルも行いました。特長としては、不動産の広告を店内に一切置かず、居心地の良いオシャレな空間に仕上げているところです。これにより、口コミで評判が広がり、来店者も毎年300組ぐらいのペースで増えていきました。


管理物件の入居率は転換期となった平成23年の84%から今期は96・2%に向上。滞納率も同じく2,5%から0,5%に改善しました。 全管協へ入会した当時の平成13年の売上高、約1億4000万円と比べると、平成27年の売上高は約5億3000万円と、4倍近くまで伸ばすことができています。 現在は従業員も72名まで増え、女性の出産後の職場復帰率なども100%です。当社は、日祝を休日にするなど、独自の就業スタイルを取り入れていますが、今後も全社員で効率的な組織への成長を促進しながら、私たちらしい企業を目指していきたいと考えています。


※この続きは「全管協の魅力を伝えるブックVol.3」成功事例集をご覧ください。全管協へのご入会を希望される方は事務局までお問い合わせください。