全国賃貸管理ビジネス協会

  • 全国ネットワーク
  • 会員数 全国約1,700社
  • 管理物件数 約350万戸
お問い合わせ 03-3272-7755 平日AM9:00~PM6:00

成功事例

資産コンサルティング
を行うことで利益拡大
売上・利益UP

小菅貴春 株式会社小菅不動産
代表取締役(神奈川県)

相続支援コンサルティングの資格を取り資産活用のご提案へ

日管協の相続支援コンサルティングが始まった当初に申し込み知識を深めました。もちろん、会長の時代は、自らオーナー様の資産コンサルティングを行ってきたわけですが、会社の組織として、オーナー様に資産コンサルティングができるようにしたいと考えました。


会社では資産活用課という部署も起ちあげ、相続支援コンサルティングでは、一般クラスであれば、10人以上が受講しており、上級クラスは6人受講しております。相続支援セミナーの6回シリーズも4年前より開講しております。このセミナーには、全くお取り引きの無いオーナー様も参加され、その中のお二人のオーナー様が、自宅の売却を依頼されました。


相続支援セミナーを開催することで、公正証書遺言の執行者となったケースもありますし、節税対策で不動産の売却や、評価減の方法、投資用物件も購入して借り入れを増やすなど、様々なアドバイスをしてまいりました。もし、相続支援コンサルティングがなかったら、ハウスメーカーとの建築同行営業になりますから、現在のような広がりはなかったと思います。 一例で言えば、あるオーナー様の場合、相続相談からアパートを2棟建てて頂き、賃貸戸建2棟も建築、管理をさせていただき、コンビニの誘致から建築などもさせていただきました。今までの仲介業ではなく、コンサルティングをすることで、幅広く対応することができるようになったのです。建築コンサルティングまでできれば、ワンストップで全ての業務に対応できると思っております。


一部屋の空室改善からでも、相続支援のお話に繋がることがあります。例えば「リフォームをしましょうか?」とオーナー様にお話すると、「築年数も古いし、息子が継いでくれるかも分からないから」と言われることがあります。そのような時、将来的に資産承継をどうしていくのが良いのか、相続に関する知識があれば、より深くオーナー様の相談にのれるわけです。オーナー様だけでなく、お子様、お孫様も入れた「家」としてお付き合いさせていただけるようにしていきたいと考えております。社員の意識も変わってきています。賃貸仲介、管理の担当から、将来的には資産コンサルティングまでできるようになれば、仕事の幅も広がりますし、やる気にも繋がっていくと思います。会社として、資格を取れるフィールドを用意するのも経営者として必要なことだと思っております。


※この続きは「全管協の魅力を伝えるブックVol.4」成功事例集をご覧ください。全管協へのご入会を希望される方は事務局までお問い合わせください。