全国賃貸管理ビジネス協会

  • 全国ネットワーク
  • 会員数 全国約1,700社
  • 管理物件数 約350万戸
  • (2016年11月30日現在)
お問い合わせ 03-3272-7755 平日AM9:00~PM6:00

成功事例

実質利回り21%の
コインランドリー事業
売上・利益UP

金田喜勝 株式会社天極
代表取締役社長(埼玉県)

投資効率の高いコインランドリー事業

コインパーキング、駐輪場、ベンダービジネスなど、ストック事業に力をいれられているのが、埼玉県川越市を中心に事業展開されている株式会社天極(てんきょく)。金田社長は、新しいストックビジネスに取り組んでおり、それがコインランドリー事業だ。巷では、コインランドリービジネスで上場する会社も現れるほど、収益性や伸び率の高い事業として、にわかに注目をあびている。このビジネスモデルのポイントを金田社長に聞いた。


●コインランドリー事業はいつ頃より始められたのですか?

金田 約8年ほど前に1ヶ所目を出しまして、写真の店舗が2ヶ所目となります。弊社は、コインパーキング事業に力を入れてきたせいもあり、コインランドリー事業は、これから新しく伸ばしていこうと考えております。

コインランドリー事業は、収益性が高いのでしょうか?

金田 はい、非常に投資効率が高いです。これだけ洗濯機が普及した現代で、コインランドリー事業が伸びているとは考えにくいかもしれませんが、一定の来店数が確保でき、収益も見込めます。1ヶ所目の収益状況ですが、当初の設備機器導入費用が約1300万円ほどで、これには、オーナー様との賃貸借契約金額も含みます。1ヶ月の売上は平月でも80万〜90万円程上がります。年間で1000万円前後の売上になります。これに、精米機と自動販売機も設置しております。原価は、設備リース代、ガス代、電気代です。実質利回りで21%で回っています。設備のリース期間を8年に設定しておりますので、リースが終わると利回りが跳ね上がり、再リースで多少コストは発生しますが、40%前後の利回りまで上がります。設備の耐久性は15年〜20年程と言われていますので、それまで高い利回りを維持できる予定です。一ヶ所当たりの利益率は、コインパーキングやコンテナよりも高いのが現状です。9年目に入りましたが、売上はほとんど変化しません。

サブリースで建物を借り上げる仕組みでしょうか?

金田 オーナー様から建物を借り上げさせていただき、弊社で洗濯機などの機器を設置して運営しております。写真の物件は、元は大手のコンビニエンスストアでした。駐車場が6台しかないため移転をし、その後の建物活用でオーナー様が悩んでいらっしゃったのです。そこで、弊社はコインランドリーと精米機、トランクルーム併用のビジネスをご提案したところ、OKをいただき運営しております。

機器の導入などは、経験値が無ければ難しいのでしょうか?

金田 コインランドリーは設備機器メーカーが、立地や規模に応じて、設備のプランをしてくれます。その提案書を見ながら価格交渉を行って導入しております。写真の物件は、トランクルーム併用のため3000万円ほどかかっております。普通に考えると、オーナー様にアパート建築を提案しても良さそうに思えますが、7年でローンを組むと当初は2%程度しか回りません。コインランドリーならば、7年で組んでも当初から実質利回り5%以上で回すことができます。

●土地の広さはどれくらいあればよいでしょうか?

金田 土地は100坪位で、建物は15坪〜はあったほうがよいでしょう、駐車場も必要です。後は、定期的な清掃が必要となります。

●コインランドリー事業の問題点はなにかありますか?

金田 競合会社の出店と、設備機器のリニューアルです。一ヶ所目で急に収益が減った時がありました、その時は近くのコインランドリーが、先払いのプリペイドカードを導入したのです。慌てて弊社も素直に真似てこのシステムを導入し、売上は回復しましたが、このように常に近隣の状況調査が必要です。そこに注意すれば、地方でも問題なくできるビジネスです。オーナー様より建物を借りられるのがベストですので、よい物件さえあれば是非、実践してみてください。


※この続きは「全管協の魅力を伝えるブックVol.5」成功事例集をご覧ください。全管協へのご入会を希望される方は事務局までお問い合わせください。