全国賃貸管理ビジネス協会

  • 全国ネットワーク
  • 会員数 全国約1,700社
  • 管理物件数 約350万戸
お問い合わせ 03-3272-7755 平日AM9:00~PM6:00

成功事例

付帯商品による
収益拡大を目指します
売上・利益UP

水野隆司 全管協
新事業・新商品開発委員会 委員長(東京都)

住付帯商品による収益拡大を目指し新しいビジネスモデルの研究を推進

新事業・新商品開発委員会の委員長を務めさせて頂いております水野です。会員企業皆様のお陰で、平成29年度も目標を達成することができました。前年を大きく上回ることができ、誠にありがとうございました。平成29年度の活動報告としましては、「パートナー部会」、「新商品開発部会」、「空き家・民泊部会」に分かれ、新事業・新商品の開発とともに、空き家管理ナビの開発、民泊事業の研究に取り組んでまいりました。平成30年度は、3つのテーマを基に活動してまいります。


●一つ目は、付帯商品の収益拡大を目指し、販売推進を引き続き強化してまいります。

●二つ目は、管理受託の拡大、空き家対策、民泊といった課題に対して、不動産をどう活用すればよいのか?ビジネスモデルの研究をしてまいります。

●三つ目は、昨今成長著しAI、IoTといったテクノロジーを使い、収益拡大、業務効率化に活用できるか?時代のニーズに合った情報サービスを提供してまいります。


会員企業の皆様におかれましては、支部会やセミナーに参加していただき、情報収集をして頂くとともに、積極的に商品を導入して、ご活用いただくことで、大きく利益を伸ばしていただければと考えております。是非、新新委員会の活動にご協力の程、よろしくお願い申し上げます。


この続きはプレジデントNAVI  Vol.56をご覧ください。