全国賃貸管理ビジネス協会

  • 全国ネットワーク
  • 会員数 全国約1,700社
  • 管理物件数 約350万戸
お問い合わせ 03-3272-7755 平日AM9:00~PM6:00

成功事例

RPAの活用で
事務作業を大幅削減
コスト削減

林 尚道 ㈱エリアリンク
代表取締役(東京都)

労働集約型の賃貸仲介・管理業から 脱皮するヒントはRPA、セールス フォース、Gスイートの活用にある。

弊社では、RPAを活用して、データ入力を行ってきたスタッフ3人を1人に減らすことができています。RPAというのは、自社の業務に合ったソフトを作る必要があります。エリアリンクのRPAシステムの制作には約150万円ほどかかっております。ランニング費用はほとんどかかりませんので、RPAによって担当者二人の業務が必要なくなり、人件費が永続的に削減できることを考えれば、大幅なコスト削減ができていると思います。


RPAの導入で、単純な事務作業のみを行っている社員は、必要性がどんどん無くなっていくという、社内の意識改革が行われるようになりました。より生産性の高い業務を行わなければ、自分のポジションが無くなってしまうという事です。


弊社では、10種類以上のRPA制作だけでなく、セールスフォースとグーグルのGスイートというシステムを連携させることで、大幅な業務効率化を実現しています。これらの仕組みを活用すると、どうなるのか?簡単に言いいますと、埼玉、神奈川、千葉の支店を廃止いたしました。自宅でも旅行先で仕事をしていても結果が出せれば問題ありません。それくらい、セールスフォースとGスイートを活用すれば、社員のスケジュール管理を遠隔で行うことができ、目標に対して自主的に行動できるような進捗管理ができるのです。


この続きはプレジデントNAVI  Vol.55をご覧ください。