全国賃貸管理ビジネス協会

  • 全国ネットワーク
  • 会員数 全国約1,700社
  • 管理物件数 約350万戸
お問い合わせ 03-3272-7755 平日AM9:00~PM6:00

成功事例

電子署名サービスで
デジタル契約の推進
売上・利益UP

川口圭介 ミリーヴ株式会社
代表取締役(熊本県)

電子署名サービスで、いつでも、どこからでもデジタル上で契約の更新が可能となります。

ミリーヴグループでは、昨年より電子認証システム「ドキュサイン」を導入しています。 ドキュサインは43の言語に対応しており、世界188カ国、約30万の企業、2億人以上が利用するクラウドサービスです。クラウド上で電子化された書類に電子署名を行うことができ、業務プロセスをデジタル化することが可能です。ドキュサインを導入することで、経費を5割削減、売上げと企業価値が2割増加するともいわれています。


電子署名サービスは、他にも存在していますが、世界でのシェア率はドキュサインが突出しており、最も優れた電子署名サービスといわれています。強固なセキュリティ基準を持ち、グローバル化する経済やインバウンドに対応できること、数多くの他のシステムとの連携が可能であることなどがその理由です。当グループにおいてもドキュサインを活用し、全ての業務プロセスをデジタル化することを目指しています。


昨年、導入の取り掛かりとして、賃貸借契約の更新業務におけるドキュサインの活用をスタートしました。入居者様が事前に登録したメールアドレスに電子化された更新手続きの書類が届き、そこに署名を行うだけで手続きが完了します。いつでも、どこからでも、デジタル上で契約の更新が可能となり、入居者様の利便性を大きく高めることになります。また、当社においても、書類の製本、郵送、返送の手間が省けますので、更新に係る事務作業は大幅に簡素化されます。 本年は不動産賃貸仲介における申込、契約業務のデジタル化や、家主様との管理契約、工事の受発注業務などに加え、雇用や社内間文章での利用など、大規模にプロジェクトを推進していく予定です。デジタル化の過程で業務全体を最適化していくことで、企業基盤を強固にするだけでなく、全社的な生産性の向上、業務の効率化を図り、グループ内の「働き方改革」の一つとして、社員の労働環境整備にも役立てていきたいと考えています。


また、当社のノウハウや活用事例などを、取引のある企業に提供し、その企業においても、ドキュサインを積極的に活用していただけるように働きかけていきたいと考えています。利便性の高い、新しいサービス提供のプロセスを、業界内外に広めていくことが目標です。


続きは、プレジデントNAVI  Vol.54をご覧ください。